ビフィズス菌でアトピー対策を行なう事が出来る

微笑んでいる女性

アトピー症状を抑えよう

栄養補助食品

アトピー性皮膚炎は症状が良くなったり悪くなったりを繰り返す疾患であります。そのためアトピー皮膚炎の対策としては、日常生活に支障をきたさないように痒みをコントロールすることがとても重要になります。そしてアトピー性皮膚炎の対策として保湿はとても重要となります。保湿対策をしっかりすることでアトピー皮膚炎の症状を抑える予防となります。保湿を工夫して行うためには、皮膚からの水分喪失を防ぐ方法と皮膚の水分を保つ方法を行います。まず水分喪失を防ぐための保湿剤としては、ワセリンやプラスチベースなどがあります。一方で水分を保つための保湿剤としては、尿素を含有する保湿剤などが挙げられます。このような保湿剤を入浴後などに使用することで、保湿効果を高めると症状を顕現できるといったメリットが得られます。

アトピー性皮膚炎の症状がひどくなると、かゆみなどで日常生活に支障が出ます。そのため保湿剤を使用するなどスキンケア対策が必要になってきます。ここではアトピー性皮膚炎の疫学などの特徴について取り上げます。乳幼児期や小児期に多く発症して成長とともに減少傾向を示します。しかしながら患者の一部には、成人型アトピー性皮膚炎に移行したり、20歳以降になって症状を発症したりするケースも見られているので、子供だけの病気ではないようです。またアトピー性皮膚炎と遺伝との関係も注目されています。ある自治体が行った調査によれば、両親にアレルギー歴がある子供は、両親にアレルギー歴がない子供に比べて発症リスクが高まるといったデータも得られています。